>  > お店側から聞いていたみたいで「緊張しなくていいよ」って優しく声をかけてくれました。

お店側から聞いていたみたいで「緊張しなくていいよ」って優しく声をかけてくれました。

ホテヘル最初のお客さんのときは心臓が飛び出るくらいドキドキしながら部屋のドアをノックしたのを覚えています.実際に怖かったですね。そこは事務所から近くのラブホテルだったので、車などの送迎なんか無くて、歩いて行ったんですよ。そんなふうに店長から指示されたのを覚えてます。事務所を出て、ホテルまでの道のりは数分くらいなんですけど、本当にこれまでの人生の中で体験したことがないくらいドキドキしっぱなしでした。 ドアを開けて迎えてくれたのは、40歳を過ぎているくらいの優しそうなサラリーマン風の男性でした。昼間のお時間だったので、背広姿だったからお仕事の途中だったのかな。きっとそんな話もしたと思うけど、今はそのときにお客さんとどんな話をして、どんなプレイをしたのかさえほとんど覚えていませんけどね。でもきちんとフェラチオはしましたよ。それは基本でしたから。 そのお客様は、わたしが初出勤のうえ初めてのお客様だということをお店側から聞いていたみたいで「緊張しなくていいよ」って優しく声をかけてくれました。

[ 2015-08-07 ]

カテゴリ: ホテヘル求人体験談

フリースペース